オールインワンゲルを詰まった角質にも効果的

女性

スキンケアを一本化

クリーム

ジェルは水分量が比較的多くてテクスチャーもサラッとしていますが、近年流通するオールインワンゲルは自然界のネバネバ物質同様に、粘着性の高い化粧品であるケースが非常に多いのが特徴です。多機能を謳っているだけあって、基礎化粧品の役割や化粧下地やUV機能までが備わっています。乾燥から肌を保護する保湿ケアに適しているものの、気を付けたいのは冬の乾燥シーズンにたっぷり肌に馴染ませることによるニキビトラブルです。オールインワンゲルは、閉ざされた角質のバリアに馴染んで浸透する成分が配合された導入美容液の効果に優れているため、毛穴ケアが疎かになることでニキビ肌を招きやすくなります。ニキビができやすい部分は馴染ませた後、ティッシュでオフすることも必要ですし、混合肌で乾燥が気になる部位にはパック剤としての一点集中型の使用に留めるなど、多機能ゲルの使い方には注意が必要です。

肌がホコリやチリなどの外的刺激を受けないためには、基礎化粧品でしっかりスキンケアに努めて肌を保護するバリア機能を向上させる必要があります。スキンケアの一貫として捉えられるメイク同様、オールインワンゲルも保護する役割を担っている特徴が挙げられます。1日過ごした肌は、汚れや皮脂や汗などが混じっているため、しっかり落とすことも化粧品同様に必要となります。多機能化粧品に分類されているため、外出時にメイクができない場合にも日焼け止めを塗布することは肌を保護する役割となる特徴があり、同じく日焼け止めや化粧下地などを含むオールインワンゲルもノーメイクではなく化粧した肌と捉える必要があります。洗顔のみならず、肌負担の少ないクレンジング剤を用いりオフする製品であるのもオールインワンゲルならではの特徴です。

乾燥しやすい季節の肌ケア

コスメ

クリームや加湿器など、乾燥肌の対策には肌から水分を逃がさない工夫が必要です。またバリア機能が低いために、化粧水で水分を補い、油分を乳液で補うなどの角層の状態を整えることによって敏感肌を招かない肌を保つことができます。

More...

ニキビ跡をきれいにする

鏡を見るレディー

ニキビ跡には赤みや色素沈着、クレーターの3種類ありますが、どのタイプも肌が傷付くことによって起こります。肌が傷付いた場合は、リプロスキンのような化粧水を使用することによって、肌が柔らかくなり、弾力性が増す効果があります。

More...

肌に優しい自然派メイク

笑顔の女性

オーガニックコスメとは、肌にやさしい成分が含まれているものが多いのですが、中にはそうでないものもあります。ですから、信頼できるメーカーのものを買うと安心です。また、適量を守り、使用期限内に使い切るように心がけましょう。

More...